HOME > 参加する! > 本願寺音御堂(旧:御堂演奏会)

本願寺音御堂2017レポート

2017年11月22日・23日の2日間、秋の法要「本願寺音御堂2017」が開催されました

本願寺音御堂について

本願寺音御堂(旧:御堂演奏会)は、各地で仏教讃歌に親しむ方がたが、讃歌衆としてご本山に集う合唱大会です(→本願寺音御堂とは)。1日目は53団体621名、2日目は42団体444名と多くの方がたにご参加いただきました。

11:40 開会式・リハーサル【聞法会館】

1.開式のことば

2.合掌・礼拝

3.《真宗宗歌》斉唱

4.挨拶

5.指揮者・伴奏者紹介

6.合掌・礼拝

7.閉式のことば

 

例年、宗門関係の合唱指揮者をお招きしています。今年の指揮・伴奏は、次の方がたにご担当いただきました(敬称略)。

 

22日 指揮:鈴木捺香子、大分哲照  ピアノ:石川紀久子  オルガン:山内真理子

23日 指揮:南荘宏、田末勝志    ピアノ:鈴鹿啓子   オルガン:西村祐利子

 

リハーサルでは、発音やフレーズの作り方などの具体的なアドバイスとともに、各曲の留意点を丁寧に確認しました。熱意とユーモアのあふれる指導に、讃歌衆の歌声はひとつにまとまっていきます。

14:00 本願寺音御堂【阿弥陀堂】

仏教讃歌の演奏に先立ち、讃歌衆全員で『音楽礼拝―正信念仏偈』(*1)をおつとめしました。
プログラムの前半では、親鸞聖人の御和讃を歌詞とする《阿弥陀仏の御名をきき》、生命を主題とする《生きる》、《いのち》の計3曲を演奏しました。続いてご参拝の皆さんと一緒に《念仏》、《お名前よべば》(*2)を歌い、演奏会は後半へと進みます。

後半では指揮者が交替し、おみのりとともに暮らす歓びを綴る《コスモスの花》、九條武子夫人没後50年の記念として創作された《心の人》、仏さまを感じる歓びを柔らかい音楽にのせて歌う《みほとけのおすがた》を演奏しました。全8曲を歌い上げ、讃歌衆とご参拝の皆さん全員での《恩徳讃》斉唱により、演奏会は締めくくられました。

讃歌衆の皆さんの明るい表情と声のぬくもりが阿弥陀堂に広がるのと同時に、歌声が聴衆の心に染み込む、あたたかい演奏会となりました。

 

(*1)『音楽礼拝―正信念仏偈による』は、門信徒にひろく親しまれる「正信念仏偈」冒頭2句を中心に構成された、西洋音楽によるおつとめです。
楽譜『音楽礼拝―正信念仏偈による』

(*2)《お名前よべば》の音源は、当ウェブサイトよりダウンロードできます。寺院活動などでご活用ください。
お名前よべば

▲全員で音楽礼拝をおつとめ   

▲声と心をあわせて大合唱

14:40 音御堂終了、閉会式【阿弥陀堂】

演奏を終えた讃歌衆の方がたの活き活きとした笑顔と、満たされた表情が印象的でした。研究所では、今後も仏教讃歌を通しおみのりを歓ぶ方がたを結ぶ催しとして、本願寺音御堂を開催していきたいと考えています。

 

仏教讃歌を聴きたい! 歌いたい!

もっと仏教讃歌に親しんでみませんか?

総合研究所では、御堂演奏会をはじめ、仏教讃歌の演奏会や講習会を開催しています。詳しくは、下記の各リンク先をご覧ください。

○歌う

一緒に歌おう仏教讃歌:初心者向け 

本願寺音御堂事前講習会 

本願寺音御堂 

○聴く

御正忌報恩講奉讃演奏会 

○付置団体

本願寺合唱団(団員募集中)

本願寺音御堂(旧:御堂演奏会)とは…

▲参加者全員での音楽礼拝から始まる本願寺音御堂

 

本願寺音御堂は、日頃より仏教讃歌に親しむ門信徒の方がたが本山に集い、行われる合唱大会です。日々の練習の成果を発揮する機会であるとともに、お御堂において、ご本尊に向かって合唱する、仏徳讃嘆の催しとなっています。
 本山における合唱大会は、1989年、全国門徒総追悼法要(秋の法要)にて行われる布教大会の一環としてはじまり、1993年からは「御堂演奏会」の名で親しまれてきました。その後、参加者の増加に伴って独立した行事となり、2009年からは、立教開宗記念法要(春の法要)期間中2日間と、秋の法要期間中2日間、計4日間開催しています(*1)。
 そして、第25代専如ご門主へのお代替わりを機に、2017年、御堂演奏会は「本願寺音御堂」と改称しました(*2)。「音御堂」は、仏徳を讃嘆する歌声がお堂全体に響きわたり、満ち満ちるさまを表します。その名のとおり、仏教讃歌を通しておみのりを喜ぶ方がたの歌声、仏さまをお讃えする思いが一つになる合唱大会です。

 

(*1)春の法要時、歴代宗主の年忌法要が併修される場合には、開催日時が変更となることがあります

(*2)過去、大きな法要に際し、御堂演奏会は「本願寺音御堂」の名称で開催されてきました。

    2011年 宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要記念 本願寺音御堂

    2016年 第25代専如門主伝灯奉告法要記念 本願寺音御堂2016(➞レポート