HOME > 総合研究所の取り組み・トピックス > 自死問題に関する取り組み

別離に向き合う姿勢-ブックレットの発刊-

 

 2007年度より、死別にまつわる悲嘆をテーマとする「別離の悲しみを考える会」を開催しています。本会では、特に自死(自殺)による死別を中心としていますが、より広く死別に関わる課題として「生死」「生きる意味」「死産」「病・老・障・死」などをサブテーマとしています。死別について考えることは、死苦を中心として、四苦八苦について見つめ直す営みであるといえます。死別の関連領域に属する専門家の経験に裏打ちされた情報に触れることは、改めて、仏教、浄土真宗の救いについて深く味わう機会につながります。
 当所では、本会の内容をより多くの方に知っていただきたいと願い、講演録を中心にブックレットを作成し、隔年で発刊しております。
 本書をとおして、一人でも多くの方が、この課題について考え、行動するきっかけとなることを念願しております。

 

教学伝道研究センターブックレットNo.26

 

浄土真宗本願寺派総合研究所ブックレット No.23

絶版

 

  

 

教学伝道研究センターブックレット No.20

 

 

教学伝道研究センターブックレット No.18

     

教学伝道研究センターブックレット No.16