HOME > 刊行物 > 聖典・書籍

「教行信証」の研究 第一巻
 『顯淨土眞實敎行證文類』解説論集
  • 著者: 普賢晃壽、浅井成海、内藤知康、徳永一道、霊山勝海、梯實圓
  • 刊行年月: 2012/8
  • サイズ: A5判
  • 出版社・取扱者: 浄土真宗本願寺派総合研究所
  • 非売品
  •  『「教行信証」の研究』全4巻は、親鸞聖人750回大遠忌を機縁として、浄土真宗の根本聖典である『教行信証』を座右におき、今一度、阿弥陀如来の「本願の道」を確認し、私たち念仏者一人ひとりが、時代や社会を切り拓いていくための立脚点を確立することを念願して発刊しました。2012年9月に本願寺派全寺院に配付いたしましたので、どうぞご活用ください。






■刊行にあたって      浄土真宗本願寺派総長 橘 正信
■凡例
■『顕浄土真実教行証文類』各巻の科段
■序論                     普賢晃壽
■「総序」解説                 浅井成海
■「教文類」解説                浅井成海
■「行文類」解説                内藤知康
■「信文類」解説                普賢晃壽
■「証文類」解説                徳永一道
■「真仏土文類」解説              霊山勝海
■「化身土文類」解説              梯 實圓
■著者略歴