HOME > 総合研究所の取り組み・トピックス > 親鸞聖人のことば

摂取の心光

摂取の心光、つねに照護したまふ。

(「正信偈」『註釈版聖典』204頁)

現代語訳

阿弥陀仏の光明はいつも衆生を摂め取ってお護りくださる。

(同『現代語版聖典』145頁)

 

「どうしたの、暗い顔して、何かあったの?」 大切な人が悲しそうにしていたら、思わず声をかけてしまいます。その人の心の中は見えないけれど、そこにある悲しみや苦しみが顔や態度に出ているのを感じることができるからです。しかもそれは大切な人であればあるほど、その心の中の闇が自分自身の痛みとなって敏感に感じられます。そんな時、「私にできることがあったら何でも相談して、力になってあげるから。」と励ましたりします。それは大切な人に早く明るく元気になってほしいからです。ふだん私たちは、顔の表情や性格などを、明るいとか暗いとか、まるで光に照らされているか、いないかのような言い方をしていますが、親鸞さまは、ご自身が阿弥陀さまからどれほど大切にされているかという思いを、「つねに私を摂め取って捨てない心光に照らされている」、つまり「摂取の心光」という言葉で表現されています。心光とは太陽や電灯のように目に見える光ではありません。心の中の暗闇を照らす光です。心の闇を見通され、心配で心配で、何とかして安心感を与えたいと願われている阿弥陀さまのお慈悲を、いつでも、どこでも、つねに護ってくださる光に喩えられたことばなのです。
                                        

文・西河雅人
2014(平成26)年3月